HOME>イチオシ情報>いまさら聞けない!インプラント治療の流れとは

大阪にあるインプラント治療ができる歯医者の数とその選び方

大阪でインプラント治療を行う歯科医の数はつまびらかにされていませんが、矯正歯科や審美歯科をあたるとインプラント対応歯科医がわかります。最新技術を持っていることと施術実績を確認することを確認する選び方がおすすめです。

インプラント治療の流れ

入念なカウンセリングをします

インプラント治療についての説明や情報を理解してもらいます。

歯科用CTスキャンで術前検査を行います

骨の状態や神経の場所を把握するために、事前にCTスキャンで確認します。

治療計画を立てて理解を求めます

既往症がある場合は改善を求める場合があります。長期的な治療なので計画は入念に行います。

二度にわたる手術を行います

一度目はインプラント体の埋設手術、二度目は人工歯を接続するアバットメント設置手術です。二度の手術が終わるまで半年ほどの時間を要します。

義歯の仮装着~本装着

アバットメントを設置したのちに義歯を仮装着します。その後3か月程度経過観察をしたのちに作成した義歯を装着して治療終了です。

メンテナンスにかかる時間

治療器具

歯医者で手術を受けて人工の歯を取り付けた後は、定期的にメンテナンスを受けることで器具の状態を確かめる必要があります。大阪の歯医者ならインプラントのメンテナンスに関する技術でも優れていて、時間をかけずに作業が終わると好評です。

メーカーの違いをよく見る

キーボード

人工の歯を取り付けることで失った歯を取り戻したいのなら、大阪の歯医者のようにインプラントのメーカーに関する情報を、患者に分かりやすく伝える医療機関に任せるのが理想的です。口内に取り付ける器具は耐久性が優れているものでなければ、手術を終えてから短期間で土台の位置が動いてしまい、再手術を行うことになりかねません。大阪の歯医者はインプラントを製造しているメーカーにこだわりを持っていて、世界的に有名なメーカーの器具を選んでいます。

広告募集中